×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  バナー
             
                                                                            

 

         

売買は単元単位

単元って?

単元とは、売買の取引の時に使用する単位のこと。
1単元の株数は自由なので、企業により様々です。
1単元100株の企業もあれば、1単元1株の企業もあります。

例えば1単元が100株の企業の株を買おうと思うと、
1株の値段×100株分=購入代金となります。
もし1株500円の株券を100株分だとすると、5万円無ければ購入できません。
それに引き換え1単元が1株の企業ならば、
1株500円であれば、投資資金が500円あれば(手数料は考えずに)
購入できることとなりますね。


         

ミニ株

単元の意味は上記に説明しましたが、
株式分割などの色々な理由により、単元に満たない株が生じることがあり
その単元に満たない株のことを単元未満株または端株と言います。

最近では単元に満たない株に対しても投資できるミニ株(株式ミニ投資サービス)
という取引を行う証券会社が増えてきました。

ミニ株は単元に満たない株購入が出来るので、小額で投資が可能で、
更に配当金や株主優待が持ち株分に応じて受けられる事もあり、
余裕資金の少ない投資家や初心者に人気のサービスとなっています。

ただし取り扱い銘柄が、証券会社ごとに異なるので、
最初からミニ株狙いなら、証券会社を選ぶ時点で気をつけておきましょう。


お世話になった素材屋さん
幻影素材工房