×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  バナー
             
                                                                            

 

         

含み益・含み損って?

含み益・含み損って何?

株を取引する時に、買った値段と売った値段で損益が出ますが、
これは売買したことによって、形となって出た金額ですね。

例えば、Aスーパーの株を1株5.000円で10株買ったとします。
買う際に掛かった金額は、50.000円ですね。
その後、株を売る事になり、1株6.000円で10株売れたとします。
1株1.000円高く売れているので、合計6.0.000円を手にする事ができ、
10.000円儲かった事になりますね。
もしも、ここで買ったときより安い値段で1株4.000円だったとすると、
売った合計額は40.000円となり、買ったときより10.000円損をしたということになります。

これは現実に金額が確定されてうごいてますので、損益としてはじかれますが、
株を買って保有している時にも、株価は動いていますので、
買ったときより高くなったり、安くなったりしていますね。

この確定されていない損益の事を、含み益・含み損と言います。
(私も実際に取引をして、ブログに記述する際に勉強しました(遅(-.-)・・・ハハハ))。

例えば、A百貨店の株を1株10.000円で10株買い、
100.000円の株投資をしたとしますね。
で、その百貨店の売上げが悪くて、株主が売りにでて株価が下落したとします。
(なんて縁起の悪い例えなのでしょうかね〜ウゥゥスミマセン)
1株8.000円まで落ちたとすると、10株分持っているのですから
今売ると80.000円にしかならないということで、100.000円投資したのに、
20.000円分株の値下がりにより、損をしているということになります。
ただ、株を実際に売って出た損ではなく、
そのまま持っていれば株価が上がる事も考えられますよね。
このように、株を保有している時に、上がったり下がったりして、
実際に買った(投資した)金額からどれだけ差が出ているかを計算する上で、
損益を表すのに、含み益・含み損というのです。

ようするに、自分の持っている株に隠れている損益と言う事ですね!


     

お世話になった素材屋さん
幻影素材工房