×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  バナー
             
                                                                            

 

         

株取引にかかるコスト

株にかかるコスト

 株の売買に掛かる手数料などのコスト。
 利益が小額でコストばかり掛かってしまうと、
 投資のメリットが無くなりますね。
 どのくらいのコストが掛かるのか・・・
 

無料でできること

 口座維持費・・・証券会社に開設した口座の管理手数料は、
           オンライントレード証券の殆どが無料になっています。
           そのために自分の利用状況にあった複数の証券会社に
           口座を開いている投資家も多く居ます。

 情報ツール利用料・・・殆どの情報ツールが無料で利用できます。
               一部有料となっていますが、利用状況に応じて
              無料になるところもあります。

 

実際に掛かるコスト

 売買手数料(約定手数料)・・・株の取引が成立した際に発生するコストで、
                    必ず支払わなければなりませんが、
                    証券会社によって料金が異なりますので、
                    自分の取引に合った証券会社を選ぶ事で
                    コストを下げる事が出来ます。

          【例えば】1ヶ月を定額制にしている証券会社では、
                何回取引をしても同じ手数料ですので、
                回数多く取引される方に向いています。
                また数ヶ月に一回など、取引回数の
                少ない場合は一回の手数料の料金で
                証券会社を選ばれても良いでしょう。
                          
 税金・・・配当金を受け取った時と株を売却する時に
       それぞれ10%の税金が課税されます。

      ※配当金の場合受け取り時に10%源泉徴収。
        株の売買の場合は売買益の10%を確定申告する。
        ただし年間売買益が20万円以下の場合は必要なし。
     

お世話になった素材屋さん
幻影素材工房