×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  バナー
             
                                                                            

 

         

ストップ高とストップ安

株価ごとの制限値幅

制限値幅は、株価ごとに決まりますね。
そして、それは前日の終値で決まるという事も、制限値幅の所で勉強しました。

それは、同じ500円の差でも、1000円の株にとっての500円と、
1万円の株にとっての500円では、株価への影響が大きく違うからです。


それでは、一覧表を見てみましょう。

株価 制限値幅
100円未満 上下30円
200円未満 上下50円
500円未満 上下80円
1.000円未満 上下100円
1.500円未満 上下200円
2.000円未満 上下300円
3.000円未満 上下400円
5.000円未満 上下500円
10.000円未満 上下1.000円
20.000円未満 上下2.000円


         

ストップ高とストップ安

株価100円未満の制限値幅は、上下30円。
  【例】前日終値が90円の株の場合、上限は+30円の120円
                         下限は−30円の60円となります。

この例題の、上限の値段120円まで株価が上がる事を、ストップ高
逆に下限の60円まで値段が下がる事を、ストップ安と言います。

指値で注文を出す場合も、この制限値幅を超えた注文は出せませんので、
この値幅も頭の片隅に入れておきましょう。

お世話になった素材屋さん
幻影素材工房