×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  バナー
             
                                                                            

 

         

空売りって何?

空売りって何?

株の空売りとは、証券会社から株を借りて売り、その株が値下がりした時に買い戻す事。
元手がなくても、手数料を払うだけで元手の株を調達し、売却したお金を元手にその株が下がった時に買い戻せば、証券会社に株だけを返し、差益分のお金は自分の物になるという
株式投資方法の事なんですね。

株の勉強をしている時には、あまり触れられないのか、超初心者用の本には記述がないか、
気が付かないかでチンプンカンプンな言葉でした。
取引を始めると、あちこちで耳にする言葉で、いったいどんな意味があるのかと
色々と調べてみたところ、上の様な意味だと分りました。

株の取引を続けていると、この空売りって言う事が身近に手段になるのか、
結構やっている人が居るみたいです。

株の空売りを行うには、信用取引口座が必要になります。

例えば、一株1000円の株を100株借りて売却すれば、10万円が手に入りますよね。その株が80円に値下がりした時に再び買い戻せば、費用は『@800円×100株』で8万円です。これで借りていた株がそっくり返せて、2万円の利益が上がります。
もちろん信用取引手数料はそれぞれの証券会社で異なりますが、別途掛かります。

空売りで儲けるには、通常とは逆に「値下がりしそうな株」を狙う事になり、

空売りを活用すれば、株価が上昇する時だけでなく、値下がりの時でも利益を得られるということです。




     

お世話になった素材屋さん
幻影素材工房