×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  バナー
             
                                                                            

 

         

メリットとデメリット

投資するということは?

株を買う時(投資する時)には、自分自身(投資家)が企業を選び、證券会社を通じて投資を行います
この時に、自分で選んでいるのですから、投資した企業の業績が
上がるか下がるかは、すべて自分の責任になるわけです。

私たちがお金を増やす身近な手段として銀行に預金をしますね。
現金を持っている不安がなく、預けているだけで利息が付くのですから、
一番安全な方法と言えるでしょう。
(最近は金利も低く、銀行が安心?と思う人も少なくないでしょうけど。)
この銀行の場合、預金者が預けたお金を元に、企業へ貸付をしていますよね。
この構図を見ると、私たちも間接的に企業に投資している事になるんです!

ただし、銀行の場合、貸付に失敗して回収できないとしても
そのリスクは銀行が負うわけですから、私たちの預金が減る事はありません。
その代わり銀行がどんなに利益を上げたとしても、
利息が上がる事はありません。

株の投資の場合は、自分がリスクを直接負うわけですから、
投資した企業の業績しだいで投資したお金が
膨らむか否かが決まると言う事です。

         

株投資のメリットとデメリット

上で述べたように、銀行に預金する場合と株に投資する場合の大きな違いは
受けるリスクの大きさと言う事になります。

では、株に投資する場合のメリットとデメリットを勉強しておきましょう。

株式投資のメリット
配当金・・・インカムゲインと呼ばれ、投資先の企業から株数に応じて
       利益の一部が分配されるお金の事です。
       配当金の割合は企業によって様々ですし、
       配当がある月もバラバラです。
       投資する際には、この辺りもチェックしておくと良いでしょう。
株主優待・・・投資している企業から、株主へのサービスとして
        受けられる物で、主にその企業の商品にかかわる物が贈られる
        ようですが、次のページで取り上げてますので
        そちらも参照にしてください。
        (何を隠そう、私の株主への期待はこの辺にあるのです^^)
株式分割・・・昨今世間をにぎわせている某企業も、これを行ったと
        報道がされてますので、何となく聞いた事ある言葉ですね。
        これも株主優待の次のページで勉強したいと思いますが、、
        株式を分割すると購入出来る金額も分割されて、
        買いやすくなり、欲しがる人が増えると予想され、
        さらに株価が上昇するという仕組みです。
売却益・・・配当金をインカムゲインと言うのに対し、
       こちらはキャピタルゲインと言います。
       字の如く、自分で保有している株が、
       買ったときより値上がりした時に株を売る事によって
       利益を出す事です。(差益ですね。)
       これは、株投資をしている人にとって、一攫千金の様な話も
       実際に聞くと、自分も夢見たりしてしまいますね。
       ただし、こまめに株の動きを読まなければならないし、
       予想を立て、買い時・売り時を知らなければならないでしょう。

株式投資のデメリット
株価の値下がり・・・株投資をしていて日々変動する株価をチェックすれば
            一目瞭然で解る事ですが、買った時の株の値段より
            下がってしまい株の価値が下がってしまうという事ですね。
            株の変動は毎日ある事で、企業によっては上がる時期と
            下がる時期も様々ですので、下がったと焦るよりは、
            過去のデータや未来の予測を立てる事に
            繋げるといいでしょう。
配当金無し・・・これは企業の業績悪化に伴い予定されていた配当金が
         無いという事です。業績が上がる事から利益の一部を
         配当されるのですから、業績が悪ければ、
         配当金が出ない場合があるということも覚えておきましょう。
企業の倒産・・・株投資をしていて、一番恐れている最悪の事態が、
         倒産ですね。投資していた会社が倒産すると言う事は、
         その企業が無くなるのですから、
         保有している株は意味を持たず、
         何の価値もない物となります。
         銀行預金では、どんな場合でも自分のお金が0円になることは
         無いですが、株式投資の場合は最悪の場合0円となります。
         信用取引で株式投資していた場合、
         借金だけが残る事にもなりかねません。

お世話になった素材屋さん
幻影素材工房